読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DTPオペレーター六夜のInDesignスクリプト備忘録

スクリプトを書き始めて1年足らずのDTPオペレーター六夜が、InDesign用スクリプトや食生活について書き綴ります

ニューラーメンショップ 桶川店

ラーメン

ラーメンショップは学生時代によく食べたこともあって、たまに食べるとノスタルジックな気持ちになってしまう。
時々訪れる「ラーショ行きたい発作」に負け、桶川まで車を走らせた。

ものすごく美味しいわけではないんだけど、時々無性に食べたくなる、それがラーショというもの。
とくに戸田にあったラーショ新曽店は、戸田に行くたびに立ち寄るくらいどストライクな味だった。
すべてがちょうどいい、というか自分好みの味のお気に入り店だったが、最近「イマイ帝国」という二郎インスパ系の店に変わり、私はすっかりラーショ難民になってしまった。
近くの大学に通ってた頃に埼大通り店を贔屓にしてた頃もあったけど、その店は割りと臨時休業が多く、ついでの用事でもない限りその店には行かなくなってしまった。

そんな矢先、年中無休のラーショが桶川にあるという話を聞き、行きつけラーショ候補として私の中で急浮上した。

店に着いたのが日曜の11時半くらい。混雑してるのを覚悟していたが客はほとんどいない。駐車場を共用している目の前の丸亀製麺所に客を取られているのではないか。
ニューラーメンショップ桶川店はラーショにしては広い店内で、一蘭のようにカウンターがついたてで仕切られている。一蘭ほどキッチリ仕切られているわけではないが、隣の席との間隔が広いのはうれしい。
ラーショはカウンターがゴチャゴチャしてて狭い店が多いのだ(おまけにカウンターの下の棚には漫画や新聞がつまっている。それもラーショの味わいなのだが)。

注文したのは「ネギチャーシュー小 1000円」「ネギ丼 350円」。ネギ丼て250円じゃなかったっけ? と思いつつも、頭がネギ丼になっていたのでそのまま注文。
割りとすぐに注文の品がやってきた。
ラーショの象徴である藤色の平たい丼から一口スープをすすって「これだ!」と心の中で叫ぶ。これぞラーショの味。


◆麺
あまりラーショっぽくない麺。つるつる感が強い。スーパーで売ってる生麺のような感じ。慣れの問題かもしれないがラーショにはつるつる感のない中太ストレートが合うと思った。

◆スープ
ラーショのスープはしょっぱいものが多いが、ここのはその中でもしょっぱい部類かも。スープを飲みながら食べると後半きつくなる。

◆チャーシュー
ラーショのチャーシューは割りとパサッとしたものが多いが、ここのはトロトロしている。結構好きな味。

◆その他の具
ネギはまさしくラーショのネギ。ただ意外と量が少ない

◆ネギ丼
結構量が多くてビックリ。100円値上げして量を増やしたのか? 気軽に注文できる量ではないな。とにかくしょっぱく、常食したらヤバそうなレベル。
ネギが山盛りで、ラーメンに移せばよかったかもしれない。


食べ終わる頃には塩分過多で体が悲鳴を上げていた気がする。夏場、運動をした後にはいいかもしれないな。
次に行くことがあったらネギ丼はやめて、ラーメンは味薄めにしてもらおう。

f:id:rokuyaN:20170219153131j:plain
f:id:rokuyaN:20170219153137j:plain