読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるDTPオペレーターのInDesignスクリプト備忘録

DTPオペレーターのInDesign用スクリプトのメモ。

中浦和 つむじ

中浦和のつむじにてラーメンを食べました。
もともと北浦和にあったお店(当時の屋号は旋)で、その当時はいつ行ってもすんなり入店できることはほぼないほどの人気店でした。

しかし、いまは店が広くなったことを差し引いても客の入りはいまひとつ。
中浦和という立地もあるのかな? 利用する側としては空いてる方がありがたいですが。
カウンター席の間隔もゆったりめで、足元には手荷物を入れておけるカゴが置いてあります。

北浦和時代と比べるととにかく店内が広く、店員さんも四人くらいいたり…
店員さんは平均年齢が若そう。北浦和時代は創業者夫妻の家族経営みたいな感じだった気が?
とはいえ、北浦和時代にこの店に入ったことは数回しかないので、記憶に自信はありません。

入店し、券売機で「特製ラーメン 1000円」と「ミニサイズのチャーシュー丼 200円」を購入。
で、当時の記憶を呼び起こしながら味わってみました。

スープ
スープはあっさりめのダブルスープ(説明書きには「鶏」と「魚介」とある)で、ほんのり鰹節っぽい香り。
味は甘みを強く感じる。北浦和時代はもっとコクがあってクリーミーな感じだった気が…


麺の茹で加減は硬めでプリプリ感があった。あまりスープと馴染んでない印象。
おそらくこの麺はもう少し茹でた方が美味しく味わえそう。


具のチャーシューは厚みのあるやわらか肉で美味。

サイドメニュー
チャーシュー丼は鶏肉と豚肉がゴロゴロ載っているが、少し固い。
何より、香水のような人工的な風味がして少し苦手な感じだった。
なんの匂いだろう?

全体的にあまり好みではない感じでネガティブなことばかり書いてしまったが、
お店は広くて明るくていい雰囲気なので、期待しています。

f:id:rokuyaN:20170218174609j:plain